株式会社大誠樹脂 > 品質管理体制 > 機械的・物理的・化学的物性値測定

機械的物性値測定

「機械的物性値」とは、機械的性質または機械特性を数値化したもので、材料力学・材料強度学などにおいて、材料がその種類のちがいにより引張り・圧縮・せん断などの外力に対してどの程度の耐久性をもつかなどの諸性質をわかりやすく数値で表したものです。材料加工のしやすさ、加工された工業製品の耐久性などの尺度となります。
 

「物理的物性値」とは、MFR(メルトマスフローレート=流動性)に代表されるように、物理的に加熱や圧力を掛けたときの合成樹脂の挙動を数値に表したものです。大誠樹脂では「物理的物性値」の測定にMFRを採用しております。

 
「化学的物性値」とは、物質に液体や光などにより構造や性質の変化を、化学的に検証したり数値に表したものです。大誠樹脂では「化学的物性値」の測定に水分率を測定するカールフィッシャー水分装置を採用しております。
  機械的物性値測定
PAGETOP