株式会社大誠樹脂 > 会社案内

会社案内

リサイクルプラスチックひと筋に半世紀 お蔭さまで大誠樹脂は今や業界No.1の企業に成長しました。

使い捨てからリサイクルへ=大誠樹脂の誕生
 
東京オリンピックを翌年に控えて日本中が高度経済成長に沸き立っている真っただ中の1963年(昭和38年)、大誠樹脂は産声を上げました。それは戦後の復興が順調に進み、「総中流意識」を持ち始めた国民が「大量生産・大量消費」に浮かれて資源の浪費を続け、無意識のうちにかけがえのない環境を破壊してしまった時代でした。
 
大誠樹脂はそんな時代に創業し、「使い捨ては美徳なり」といわれた中「資源の活用を通じて社会に貢献する」という大きなテーマを掲げてプラスチックのリサイクルに取り組み始めました。
  使い捨てからリサイクルへ=大誠樹脂の誕生
エコ、環境へ=大誠樹脂の貢献
 
日本経済が絶頂期にあった1991年(平成3年)、バブル景気が崩壊し、その後「失われた20年」といわれるような長い景気の低迷が続くことになります。人々は「資源は限りあるもの」「環境は人々の共有財産」であることにようやく気づき、同年「資源の有効な利用の促進に関する法律」が制定され、それに基づいて「容器包装リサイクル法」「家電リサイクル法」「自動車リサイクル法」などが次々と制定されていき、社会的にも「エコ」「環境」等をキーワードとして資源の「節約」や「リサイクル」といった物を大事にすることが定着していきました。
 
当社は1970年(昭和45年)に熊谷工場を、1987年(昭和62年)に相生工場と、東西の拠点となる工場を開設し、また、1999年(平成11年)には品質管理部門を品質管理課として独立させるなど、創業以来半世紀にわたって培ってきた独自の技術を余すところなく投入して製造ラインの拡充と品質管理システムの高度化を図ってまいりました。その一貫製造ラインから造り出されるリサイクルプラスチックは、質・量の両面からお取引先様のあらゆるニーズにお応えし、大きな信頼をいただいております。
 
今やリサイクルプラスチックは家電、自動車、生活用品等、私たちの生活に一番身近な素材としてあらゆる分野で利用され、社会的認知度も飛躍的に高まっております。そして、当社の事業は時代の要請である「エコ」「環境」に大きく貢献し、排出、利用の双方のお取引先様から「リサイクルプラスチックなら大誠樹脂」との高い評価をいただくまでになりました。
リサイクルプラスチックの未来へ=大誠樹脂の挑戦
 
お蔭さまで大誠樹脂は今や質・量ともに業界No.1の地位を得ることができました。しかし、私たちはこれからもその歩みを止めることなく、長年の研究成果やノウハウに裏打ちされた業界トップレベルの一貫製造ラインや品質管理システムの一層の高機能化に努めると同時に人材の育成にも力を注ぎ、リサイクルプラスチックのさらなる普及と高品質化に挑戦し続けることをお約束いたします。
 
そして、「資源の活用を通じて社会に貢献する」という創業当初からの大きなテーマをどこまでも追い続けてまいります。
今後ともお取引先様始め関係各位のご指導、ご鞭撻、また、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
  リサイクルプラスチックの未来へ=大誠樹脂の挑戦

企業理念

一、われわれは、資源の活用を通じて社会に貢献します。
一、われわれは、誠の心をもって内外との連携を強くいたします。
一、われわれは、困難に挑戦して社業の発展と幸福の増進を実現します。

行動指針

○ 不可能をのりこえるための知恵と勇気を!
○ 固有技術を拡大し、実力の蓄積を!
○ 感謝・報恩を職場に!

ISO・JABの取得について

ISO・JABの取得について  
大誠樹脂は、2008年ISO9001の認証を取得しました(登録番号:JUSE-RA-1483)。
当社はこれからも、法令・規則およびISO9001の要求事項を遵守し、地球環境に配慮しながら顧客満足度の向上を図って参ります。
 
会社概要
事業所一覧
環境方針
PAGETOP